2012年03月23日

株式投資?凄いね。帰っていいよ。

29歳で3億5000万円運用の元証券ディーラー

5年間で56勝4敗毎月300万円を稼いだ!!!

ディーラー小林が株式投資法を公開中!



期間限定で無料公開!








株の権利落ちという言葉があります。



そして株主総会にもでることができますが、28日になってしまいますと、これは権利落ち日になりますので、株の配当金も、株主優待も、株主総会しゅっせきもできなくなり、株とりひきの株主のメリットが全てなくなりますので、株を行なう際には、とりひきが完結する日と、そして決算の日をきちんと確認した上で、株をはじめるようにした方がいいでしょう。



株とりひき初診者は、権利ツキのさいしゅう日と、権利確定日が混乱してしまうのですが、これは別々の物です。



3月30日を末日とし立ときに4日前ですから、27日なら権利ツキのさいしゅう日ということになりますので、株主の配当金ももらえますし、株主優待もうけられます。



間に遭わなくて、3日前にとりひきをしてしまって決算に権利がもらえない状態になってしまうと、それは権利落ちということになります。

乱交パーティー

しかし権利確定後に株主登録された場合には、権利落ちということになるのです。



株を購入すればすぐに株主になって株がもらえる理由ではなくて、とりひきをした日を遭わせて4日後に受けとりがおこなわれますから、決算のおこなわれる末の日の4日前に権利を持っていなければ権利をもつことができません。



株主の権利がなくなると言うことは、配当金をうけ採る権利もなくなりますし、株主優待をうけられる権利もなくなります。



末日がもしも日曜日だった場合には、権利確定日も、早く前倒しされますので、その計算もした上で、とりひきをする日を決定して行くことが大切です。



ほとんどの会社では、決済というのは3月や9月に決済を言っているのですが、株主としての権利をうけたいと思っている場合には、権利確定日に、会社の株を持っていて、株主として登録されていることが条件です。



株主の権利落ちの状態では、株とり引きのメリットが全てないことになりますが、株主の権利を逆にもつためにはどうすればいいのでしょうか。



株の権利落ちというのは、配当金なし、株主優待なし、株主総会にも出られないことになります。



この株の権利落ちというのは、株主の権利がなくなることを言います。



株主の権利をもつためには、3月の会社の決算の時に、3月の末にある、権利確定日に、株を購入していても、株主の権利を貰うことはできません。



また株式分割ももらえませんし、株主総会にもでることができなくなってしまいます。



権利落ちをした後に株を購入し立としても、3月の決算には間に遭わないですが、9月に配当がもらえる場合には、9月には権利ツキになります

posted by fvhyx0iu at 10:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。