2012年02月03日

中外製薬 株価予想

29歳で3億5000万円運用の元証券ディーラー

5年間で56勝4敗毎月300万円を稼いだ!!!

ディーラー小林が株式投資法を公開中!



期間限定で無料公開!








ミニ株というのが今流行していますが、このミニ株というのは、いっぱん的な株の資金の10分の1の金額で株を購入することができるという株のことを、ミニ株をよんでいます。



なぜミニ株制度というものがあるのかというと、ミニ株というのは、株とりひきに抵抗をかんじていて、あまり高いねだんの株を購入することはできないという人が、手軽に少ない資金でもスタートできるようにということもあって、株とりひきの際に個人投資家に手軽に株をかってもらえるように、安いねだんからはじめられるミニ株ができたのです。



これは単元株がたとえば、10株だった場合に、株価が1万円なら、普通に考えれば株を購入するには、10万円必要になってきますが、ミニ株になると、10分の1のねだんになりますから、1万円で株を購入可能になります。



ですから、ミニ株は手軽に安いねだんで買えるめりっとがあるのですが、指値ちゅうもんもできなければ、株主優待をうけることもできませんし、株の配当金などをうけ取ることもできません。

ヒルズダイエットで置き換えダイエットに挑戦

株をはじめる人が増えれば、株のマーケットは活性化されますから、そのことで株全体の株価が上がるとみこみんでいるのです。



株主総会にも参加できないので、株のあがり値の差益だけが設ける手建てということになるのではないでしょうか。



ミニ株の場合には、証券会社が、ミニ株を購入するという形になりますから、所有者は、証券会社になっています。



ミニ株は、実際に株を個人が直接購入しません。



ミニ株の場合にはちゅうもんしたつぎの日に、最初の株価で購入するということになり、りあるタイムのちゅうもんも負荷能なので、さまざま制限されています

posted by fvhyx0iu at 10:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。